Violinist

Anne-Sophie Mutter : アンネ=ゾフィー・ムター

アンネ=ゾフィー・ムター(Anne-Sophie Mutter)は、1963年ドイツ・バーデン生まれのヴァイオリニスト。 ヘンリク・シェリングに師事。13歳でヒルベルト・フォン・カラヤンに招かれ、ベルリンフィル・ハーモニー管弦楽団と共演。15歳で再び、カラヤン指揮ベルリン・フィルとモーツアルト・ヴァイオリン協奏曲を録音。1980年ズービン・メータ指揮ニューヨーク・フィルとアメリカ合衆国デビュー。1988年北米ツアーののちカーネギーホールデビュー。ドイツ・グラムフォンと専属契約。   Anne-Sophie Mutter : アンネ=ゾフィー・ムターのまとめページ

Hilary Hahn : ヒラリー・ハーン

ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン) Hilary Hahn アメリカ、ヴァージニア州レキシントンで生まれたヒラリー・ハーンは、1983年ボルティモアに移り、クララ・ベルコヴィチ女史の元で5年間レッスンを受ける。弱冠10才でフィラデルフィアのカーティス音楽院に入学、83歳のヤッシャ・ブロツキー氏に師事する。1994年:クリーブランド、ニューヨーク・フィルハーモニック、プッツバーグ交響楽団など、アメリカの一流オーケストラと初共演。 (さらに…)

Pianist

100GreatPiano.com

おすすめのピア二ストと楽曲を紹介します。  ・ 伝説のピアニストのまとめサイト: 100Greatpiano.com セルゲイ・ラフマニノフ (1873-1943) ヴィルヘルム・バックハウス (1884-1969) アルトゥール・ルービンシュタイン (1887-1982) クララ・ハスキル (1895-1960) ヴィルヘルム・ケンプ (1895-1991) クラウディオ・アラウ (1903-1991) ルドルフ・ゼルキン (1903-1991) ウラディミール・ホロヴィッツ (1903-1989) ニキタ・マガロフ(1912-1992) スヴャトスラフ・リヒテル (1915-1997) エミール・ギレリス (1916-1985) アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ (1920-1995) アリシア・デ・ラローチャ (1923-) サンソン・フランソワ(1924-1970) タチアナ・ニコライエワ(1924-1993) フリードリヒ・グルダ (1930-2000)

Conductor

100Maestro.com

マエストロ100では、おすすめのオーケストラ名指揮者のアルバムを紹介。 主に1800年代後半生まれの1900年中盤に活躍した伝説の指揮者たちを紹介します。  ・オーケストラ名指揮者100のまとめサイト 1860-1870年代生まれのマエストロ アルトゥーロ・トスカニーニ ☆ (Arturo Toscanini, 1867/3/25 – 1957/1/16) ブルーノ・ワルター ☆ (Bruno Walter, 1876/9/15 – 1962/2/17) トーマス・ビーチャム ☆ (Thomas Beecham, 1879/4/29 – 1961/3/8) 1880-1890年代生まれのマエストロ カール・シューリヒト ☆ (Carl Schuricht, 1880/7/3 – 1967/1/7) エルネスト・アンセルメ ☆ (Ernest Ansermet, 1883/11/11 – 1969/2/20) オットー・クレンペラー ☆ (Otto Klemperer, 1885/5/14 – 1973/7/6) ヴィルヘルム・フルトヴェングラー ☆ (Wilhelm

Seiji Ozawa : 小澤征爾

1935年、中国のシャンヤン(旧奉天)に生まれた小澤征爾は、幼いころからピアノを学び、成城学園中学校を経て桐朋学園で故齋藤秀雄に指揮を学びました。1959年秋、フランスのブザンソンで行なわれたオーケストラ指揮者国際コンクールで第1位を獲得。  西ベルリンでヘルベルト・フォン・カラヤンに師事していた小澤征爾は、バーンスタインの目にとまり、1961/62年のシーズンには、ニューヨーク・フィルの副指揮者をつとめ1962年1月、サンフランシスコ交響楽団を指揮し、アメリカ・デビューを果たしました。以後、1973年ボストン交響楽団の第13代音楽監督に就任。2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。 (さらに…)